知っていた方が得する!?ド素人でも当てるために必要な知識~全国競艇場について~


悪徳競艇予想サイト
をぶっ潰そうとしていた僕が
ついでに競艇のことも詳しく勉強してみた件!今回はpart4!

今回は全国の競艇場(ボートレース場)について勉強してみた。

48_full

競艇場(ボートレース場)は全国24か所にあり、毎日12か所で開催されている。
それぞれに特徴があり、予想をする際には重要なものになる。

boatmap
【関東地区】
桐生競艇場
戸田競艇場
江戸川競艇場
平和島競艇場
多摩川競艇場
【東海地区】
浜名湖競艇場
蒲郡競艇場
常滑競艇場
津競艇場
【近畿地区】
三国競艇場
びわこ競艇場
住之江競艇場
尼崎競艇場
【四国地区】
鳴門競艇場
丸亀競艇場
【中国地区】
児島競艇場
宮島競艇場
徳山競艇場
下関競艇場
【九州地区】
若松競艇場
芦屋競艇場
福岡競艇場
唐津競艇場
大村競艇場

Hamanako-kyotei-03


【関東地区】
桐生競艇場
・レースの特徴
標高が高く、モーターのパワー・出足は弱め。年間を通じナイター開催。

・水面特性
冬~春は「赤城おろし」と呼ばれる強風で水面が荒れることがある。夏場は穏やかな水面でまくりが効く。
戸田競艇場
・レースの特徴
カドまくりが決まりやすく、ダッシュ3艇の出番が多い。1コースの1着率が低い。

・水面特性
コース幅が狭く、1マークをスタンド寄り、2マークを対岸寄りに大きく振っている。

江戸川競艇場
・レースの特徴
枠なり進入がほとんどだが、流れがあるので水面対応力が問われる。波乗り巧者の出番だ。

・水面特性
全国で唯一河川を全面的に使用している。上げ潮、下げ潮と流れがあり、風向きで荒れる。

平和島競艇場
・レースの特徴
1マークを振っておりバック斜行にも厳しい。ダッシュ勢のまくりと差しが決まりやすい。

・水面特性
マンション群に囲まれ、風の影響を受ける。春~夏は追い風、冬は向かい風が吹き抜ける。

多摩川競艇場
・レースの特徴
走りやすいので全速で攻める選手が多い。逃げとまくりが競り合うと高配当が飛び出す。

・水面特性
「日本一の静水面」と呼ばれており、風の影響も少ない。パワーとスピードが優先される。

【東海地区】
浜名湖競艇場
・レースの特徴
広大な競走水面でスピードが優先する。まくり差しが入りやすく、筋舟券が成立しにくい。

・水面特性
浜名湖の西岸に位置しており全国でも有数の広さを誇る。冬は追い風、夏は向かい風だ。

蒲郡競艇場
・レースの特徴
年間を通じてナイター開催。インが強いが、センターからのまくりも効き、多彩なレース展開が見られる。2マークでの逆転劇も多く、迫力あるレースが多い。

・水面特性
1マークのバック側は全国一の広さで、握って回れる全国有数の高速水面。風の影響も少なく穏やかな水面であるため、スピード戦が繰り広げられる。
常滑競艇場
・レースの特徴
インがスピードをつけて逃げるが、短期決戦では、モーター性能が着順に反映する。


・水面特性
水位は自動制御のため、潮位の変化はない。
津競艇場
・レースの特徴
風が弱ければ走りやすくインが強い水面になる。冬場になるとダッシュ勢の出番も増える。

・水面特性
春~夏は追い風、冬場は「鈴鹿おろし」の強い向かい風が吹く。ピット離れも差が出る。

【近畿地区】
三国競艇場
・レースの特徴
ホーム側も広いのでアウトまくりが届かない。イン有利だが追い風が強いと差しも決まる。

・水面特性
周囲を小高い丘に囲まれたプール型水面でバック側が広い。1年を通して追い風が吹く。

びわこ競艇場
・レースの特徴
淡水で水が硬い上に標高も高い。ダッシュ勢の出番が多くなり、まくりも決まる。

・水面特性
日本一の淡水湖である琵琶湖にあり、標高も高い。春~夏は沖から風が吹き水面も荒れる。
住之江競艇場
・レースの特徴
イン有利な展開が多いが、2マークに引き波が残る。ボートが暴れて逆転劇も多くなる。

・水面特性
コンクリート護岸に囲まれたプール型水面。工業用水を使用しており水は硬い。一部のレースを除き通年ナイター。
尼崎競艇場
・レースの特徴
「センタープールだからセンターが決まる」と言われてきたが、近年はインが先攻めする。

・水面特性
夏は「甲子園の浜風」、冬は「六甲おろし」で向風の日が多い。水面は静水面でクセがない。

【四国地区】
鳴門競艇場
・レースの特徴
1マークのバック側を拡幅してからまくる選手が増えてきた。イン小回りでは残せない。

・水面特性
1
マーク近辺の岸壁が狭まっており、まくりを誘う。冬場は強い追い風が吹き荒れる。
丸亀競艇場
・レースの特徴
1マークの振りが大きく、干潮で向風だとまくりが決まる。満潮水面は差しの出番が増える。

・水面特性
防風ネットを設置しているが、冬場は強い向風が吹く。満潮時は2マークが荒れる。通年ナイター。

【中国地区】
児島競艇場
・レースの特徴
満潮時と干潮時でレースの流れが変わる。追い風の満潮時は差しが決まり高配当になる。

・水面特性
瀬戸内に面して潮位差は大きいが、風の影響は少ないので、穏やかな水面でのレースが多い。

宮島競艇場
・レースの特徴
干潮時は防波堤が防風壁の役目をして走りやすい。満潮時は水面がうねりレースがもつれる。

・水面特性
最大で4mを超える潮位差がある。午前と午後から風向きがかわり、スタートが揃わない。

徳山競艇場
・レースの特徴
潮位によってレースの流れが変わる。干潮時はパワー勝負、満潮時はさばき勝負になる。

・水面特性
笠戸湾に面しており、斜め追い風が吹く。潮位差は3m超。冬場の季節風は太華山が遮る。

下関競艇場
・レースの特徴
海水の走りやすい水面で、どこからでも1着が取れる。広いのでピット離れに差が出やすい。

・水面特性
海水のプール型水面で、潮位が3mを越えると1マーク手前の堤防から海水が入ってくる。通年ナイター。

【九州地区】
若松競艇場
・レースの特徴
満潮時はイン有利、干潮に向かう時間帯はまくりが決まる。冬場の追い風では差しも決まる。

・水面特性
2マーク後方から潮が出入りする。満潮時は1マークが潮溜まりになる。通年ナイター。

芦屋競艇場
・レースの特徴
走りやすい水面でパワーとスピードの勝負になる。若手の積極的な攻めが決まりやすい。

・水面特性
プール型水面で1マークのバック側に葦の群生がある。天然の消波装置の役目を果たす。

福岡競艇場
・レースの特徴
1マークの振り幅の影響により、インの占有域が狭いため、センターからのまくりが効きやすい。

・水面特性
海水に近い汽水。1マークは那珂川の河口に位置し、満潮時には、やや難水面になる。

唐津競艇場
・レースの特徴
向風の強さでレースの流れが変わる。弱めならインとカド、強いとまくり差しが決まる。

・水面特性
年間を通じて追い風の日が多い。広い競走水面でスピード優先。ピット離れにも差が出やすい。

大村競艇場
・レースの特徴
全国トップのインの強さを誇る。風向が変わるのでスタート勘がつかみにくく、ダッシュ勢が攻めづらいためイン有利な展開が多い。

・水面特性
大村湾に面しており海風が吹く。時間帯によって風向が微妙に変わる。満潮時は2マークが荒れる。

153

もっと細かく言っていけば出てくるのだろうが、これくらいにしとこう。
全てを頭に入れて予想をするのは難しいだろうが、自分のよく行くor好きな競艇場(ボートレース場)の特徴は掴んでおいた方が良さそうだ。

~次回に続く~