2018年【G1】開設66周年記念びわこ大賞が開幕!詳細、予想、当て方を解説!

こんちは!お久しぶりです、佐藤です!

samune

もともとギャンブルも競艇も全批判していた俺が、
競艇予想サイトをぶっ潰そうと思い日々ブログの更新をしていたわけだが。
案の定の二乗w競艇にハマってしまったw


昔から凝り性な俺は、1度ハマるととことんハマる。そして飽きるw

そう、今の俺には競艇無限ブームがきているのだ!

どちらかというと、舟券買って当ててドヤドヤするのよりも、「競艇」というものについて能書きウンチクを垂れている方が好きだw

そんなわけで今回は秋の名所を探していたら「秋競馬」ならぬ「秋競艇」ということで、【G1 びわこ大賞】が9月12日から開催されているようなので調べてみようと思う。

開催地
レース詳細日程予想などを見ていこう!

闘志が燃えるびわこの秋」が今年のスローガンになっているようだが、2018年は過去最大級の台風21号の影響もあったが、ようやく少しだけ秋の気候に近づいてきたようだ。
ただ相変わらず天候は不安定であるので、それがレースにどう影響するのだろうか?

1.G1 びわこ大賞とは?

fac5367ff01811dcac21cdb1126165973e2c2181
滋賀県にある日本最大の湖。それが琵琶湖だ。

そんな琵琶湖の南に位置する「ボートレースびわこ」が今回の開催地のようだ。
正式名称は「琵琶湖モーターボート競走場」というらしい。

スタンドからは近江富士や琵琶湖大橋、比良山地、近江大橋、浜大津などと琵琶湖の絶景を楽しむこともできるようだ。
これは今後是非とも行ってみたい。
そんなボートレースびわこも2018年で開設66周年を迎えるようで、これを記念して周年記念競走が毎年開催されているみたいだ。
開催地ボートレースびわこ 

開催日程:2018年9月12日(水)~9月17日(月)

タイトル開設66周年記念 G1 びわこ大賞

優勝賞金900万円

開催初日から4日間は予選となり各順位のよって得点が付与される。そこから得点率を算出して上位18名が5日目の準優勝戦に進む。準優勝戦の2着までが最終日の優勝戦に出場することになっているようだ。

ボートレースびわこの特徴を簡単に載せておく。

・日本最大の淡水湖のなので水が硬くレースが荒れやすい。
・標高も高いためダッシュ勢が活躍しやすい。
・まくりが決まりやすい。

2.【G1 びわこ大賞】の出場選手は?注目選手は?

過去の優勝選手がこちら

2008年 4月8日  開設56周年記念 平尾崇典 まくり
2009年 10月27日   開設57周年記念 新田雄史 逃げ
2011年 2月27日     開設58周年記念 池田浩二 まくり
2011年 10月19日   開設59周年記念 篠崎元志 差し
2013年 2月25日     開設60周年記念 山口剛 まくり差し
2014年 3月9日       開設61周年記念 守田俊介 差し
2014年 4月8日       開設62周年記念 山崎智也 逃げ
2015年 11月3日     開設63周年記念 松井繁 逃げ
2016年 10月20日   開設64周年記念 湯川浩司 まくり差し
2017年 7月30日  開設65周年記念 片岡雅裕 逃げ

この中で今年参加する選手は新田雄史山口剛守田俊介湯川浩司の4選手だ。


出場選手は全てA1階級選手となっている。

1
sennsyu
sennsyu3

3.【G1 びわこ大賞】のドリームレースについて

今回のドリーム戦は初日と2日目のWドリーム戦となっている。

初日の出場選手はこちら

2

いやー、1枠に選手がいると外せないですかねー。
優勝経験もある地元の森田選手にも頑張ってほしいですし、長田選手と茅原選手も実力ありますし。
ベテラン太田選手も侮れないですねー。

2日目の出場選手はこちら

3

いやいや、これまた接戦が予想されますねー。
F持ちながら今季好調な白井選手が絶好の1枠に。中島選手も実力者ですし。
地元馬場選手は期待されてますし。
優勝経験のある湯川選手も調子いいですからねー。
はいっ!難しいですっ!w

4.【G1 びわこ大賞】の予想は?

c0196076_2152423

琵琶湖は日本最大のの湖だが、その大きさは海かと思ってしまうほど。

水面特性としては日本最大の淡水湖で海抜85mと標高も高く、春には沖から強い風が吹くので水面が荒れやすい。

標高が高いと気圧が低く、モーターの出足が落ちる傾向にある。この点は桐生競艇場と似ているそうだ。

ダッシュ勢の出番が多く、一筋縄には決まりにくいことが多い。

1コースの1着率が過去には20%になる時代もあったくらいで全国の中でもインが勝ちにくい時代もあったようだ。

その後は出力低減モーターが導入され1コースの勝率は上昇傾向にあるが、それでも平均して40%後半と全国で見ても1コースの勝率は低め。

biwakodata

インの1着率は47%、連対率に至っては65%と全国平均を大きく下回っている。
(全国平均は1着率53%連対率71%)

2回に1回は1号艇が負け、3回に1回は連対すらしないという数字だ。

biwakokimarite

センター捲りがかなり多い。
それに伴い隣コースの捲り差しも同数くらいあるので展開突く足のある選手は狙いめなのだろうか。

とにかくインが弱いというのは数字から見ても明らかで、コース形態がかなり影響している為、ちょっとのスタート遅れが致命傷となりそうだ。
春は冬の雪解け水が周囲の山から流れ込んでくるため、水位は上がり気味。水位が上がれば波の影響も受けやすいということだ。

他にも琵琶湖には波を発生させる観光船が遊覧しているのでさらに乗りづらくなる。

よってターンで流され空いた内を差されるケースが目立つので高配当が出やすいのが特徴である。

5.G1 びわこ大賞の予想にオススメなサイトは?

さあ、ということで予想はプロの力をお借りした方がいいのかもしれない。 

ただ今まで悪徳詐欺サイトばかり検証してきたが、競艇予想サイトはたくさんあって困惑する。
でもこれは確かだと思える競艇予想サイトとして2つある。

ここはやっぱりSPEED(スピード)】FULL THROTTLE(フルスロットル)】優良予想サイトだ。

以前もSPEED(スピード)】の「SECOND」でコロガシ成功して114万円的中している。
FULL THROTTLE(フルスロットル)】では「アドバンスドコース」で89万円的中している。

これはもう紛れもない事実だ。
他の悪徳詐欺サイトと違い、この2サイトの特徴として
・対応が丁寧(電話問い合わせしたら、ものすごく丁寧に対応してもらえた)。
・なんといっても「当たる」(無料情報でも)。
・どちらも登録だけでポイントがもらえて安めのプランならすぐに参加できる。
・開催期間でのキャンペーン情報もあり充実している。
電話してオススメ情報を聞くのもありだ。←他でこんな丁寧な対応はされなかったw

仮に、もし不安だったら無料情報でも大丈夫だ。高確率で的中させてくれる。

ただ、登録ポイントで
SPEED(スピード)】なら「PRACTICE-A」あたりが
FULL THROTTLE(フルスロットル)】なら「トライアルA」あたりが究極にオススメだ!

どっちみちタダなのだwこれを使わない他ないw