「探偵ナイトスクープ!」のモンキーターン少年!数原魁選手が名物尼崎あんかけチャンポン杯でデビュー!

選手情報

 

数原魁
ブログ主のプロフィール

競艇好きのサラリーマンが競艇予想サイトに騙された。

2015年僕は悪徳競艇予想サイトで詐欺にあった末に会社をクビに。

悪徳サイトを撲滅し、競艇で稼ぐためにブログを開始!!
現在までに
・累計80の競艇サイトを検証
・2000レース1万の予想を検証
その結果、
本当に優良サイトは10サイトに満たなかった、、
その上で独自のルールを決めて利益を出せるようになった。
プロの予想で100%の的中はない。
だからこそ、どのように参加するかが肝になる!

『競艇予想サイトで稼げない(´;ω;`)』なんて経験はもう絶対にしたくない、して欲しくない。

僕が常に利用している競艇予想サイトはココである!

「探偵ナイトスクープ!」って?
まず数原魁選手を紹介する前に「探偵ナイトスクープ!」って何?ってところから始めようと思う。
この「探偵ナイトスクープ!」というのは朝日放送テレビで制作され1988年(昭和63年)3月5日から放送されている、視聴者参加型バラエティ番組で視聴者から寄せられた依頼にもとづいて探偵局長が優秀なる探偵たちを野にはなち、世のため、人のため、公序良俗と安寧秩序を守るべくこの世のあらゆる事どもを徹底的に追求する娯楽番組である。
探偵ナイトスクープ!
初代探偵局長は上岡龍太郎で2000年に上岡が芸能界を引退したため、しばらくの間局長代理としてゲストやレギュラーによる代理司会となった。

その後この番組の大ファンでもあった西田敏行が2001年から2代目探偵局長となり現在に至っている。西田登板以降は全体的に内容がマイルドになり、1回の放送で紹介される3本の依頼のうち最後の1本は「お涙頂戴モノ」であることが多くなった。涙もろいので知られる西田はそういうVTRが紹介されるとほぼ間違いなくハンカチ片手に涙している。

が、「くだらない努力が実る」ようなVTRでも涙していることがあり、その事に関して他の出演者から突っ込まれるという出来事も珍しくなく一種のお約束となっているw

秘書は現在、3代目の松尾依里佳が務めている。岡部まりが非常に有名だが実は2代目。初代は女優の松原千明が番組開始から1年ほど務めた。なお、岡部は2010年の参議院議員選挙に出馬したため、2010年4月に秘書を降板している。
非常に出演が多く親しまれている顧問は「最高顧問」と呼ばれる。現在はキダ・タローが最高顧問。故人では横山ノックもかつて最高顧問と呼ばれた。
現在の主な出演者は西田敏行松尾依里佳桂小枝長原成樹石田 靖松村邦洋竹山隆範たむらけんじ田村裕などなど。
放送時間は地域によって異なるようだ。
関西では深夜に放送されていて視聴率は2桁超えで最高視聴率は驚異の32.2%という人気番組なのである。
1998年5月1日放送の
「うちの駄犬を教育して(長原成樹)」
「チャルメラの音が嫌いな母(桂小枝)」
「幻のボクシング部主将(北野誠)」
が最高視聴率回だ。

モンキーターン少年!数原魁

15年前に「天才競艇少年」と紹介された6歳の少年が数原魁選手である。
数原魁
登録番号 生年月日 身長体重血液型 出身支部 登録期 級別
5060 1997/4/30 159cm55kgA型 兵庫兵庫 123期 B2級
生家の近くに尼崎競艇場があり幼くして競艇に魅せられた数原魁選手は、2003年「探偵ナイトスクープ!」に「ボートに乗ってモンキーターンがしたい」と依頼し、同番組に採用された。
(2003年6月13日放送)
残念ながら当時の動画を見つけることはできなかった。。。
モンキーターンとは高等テクニックで高速で旋回する艇上で立ち上がって外側に体重を移動させる動作が枝の上に立つ猿の姿に似ていることに由来する。転覆の可能性もあり、時速80km超で走るボートの上で立ち上がることはかなり恐怖を覚える操縦である。
それを6歳の子供がやりたいと言うのだから驚きだ。
当然ながら安全上の問題から「子供が乗るのは難しい」と競艇場職員は難色を示したが、数原魁選手は「写真を見ただけで選手名をフルネームで言える」と “競艇愛”を猛アピールしたところ尼崎競艇場の競技委員長に直接掛け合い「教官のOKが出れば」という条件を引き出した。
更に驚きなのが、教官2人が競艇の基礎知識について講義しようとすると数原魁選手は「知ってる」と先回りして解説をする。さらに「まくり」や「差し」といったレース展開についても詳しく話し始め、教官たちもその知識量に舌を巻きついにモンキーターンの許可が下りたのだった。
本番までの1週間、数原魁選手は自宅でレース映像を見ながらタイミングよく立ち上がる練習を繰り返した。当日は2人乗りボートの前に数原魁選手が乗り他の競艇選手が後ろで操縦。他の競艇選手が操作する2艇とレースし、実際のレースと同じく実況も行なわれた。
本番では後ろの選手が『モンキーターン!』と声をかけると同時に数原少年はしっかり立ち上がりその雄姿もスローカメラで鮮明に捉えられていた。レースも1着になり、局長を務める西田敏行もスタジオでVTRを見た後に涙をハンカチで拭いながら『大感動や』『素晴らしいね』と絶賛した。

ちなみに数原魁選手のTwitterはこんな感じだ。
当時の写真だと思われる。
数原魁

「尼崎」名物尼崎あんかけチャンポン杯でデビュー!

あれから15年、少年は競艇選手になって帰ってきたのだ。
そしてデビュー戦、数原魁選手には“奇跡”が待っていた。
なんと今日のレースには、15年前の撮影時に同乗し後ろで操縦してくれた水野要選手も出走することになったのだ。
デビュー戦でいきなり「師弟対決」ということだw
2018年11月8日尼崎競艇場名物尼崎あんかけチャンポン杯第2レース6枠で出走する。
水野要選手は1枠からの出走だ。
出走表
さあ師匠の前で水神祭となるのか?
※水神祭とはデビュー後に初勝利を挙げた競艇選手が水面に投げ込まれる行事のことであるw
水神祭
ちなみに数原魁選手が目標としている選手は瓜生正義選手らしいwww
でもちゃんと
「まだプロになる前に水野さんから『はよう(プロの試験に)受からんと(俺は)辞めるぞ、待たれへんぞ』と言われ、合格した際も電話で『おめでとう、良かったな』と声をかけていただきました。競艇選手になるきっかけの選手でもあり、本当に感謝しています」
とコメントしているので愛を感じるw
それに
「水野さんに『1人でもモンキーターンができるようになりましたよ』というところを見せて恩返しをしたい。選手として勝ちにこだわりたいですね。『ナイトスクープ』では僕が夢をかなえていただきましたが、今度は僕が子供たちに夢を与えるような選手になりたい」
とも意気込んでいるので楽しみだ。

デビュー戦の結果は!?水神祭は!?

じゃじゃ~ん、結果発表~。
結果
残念。数原魁選手は6着水野要選手も2着となってしまった。
ワンツーフィニッシュとはいかなかったか。
てかそんなに競艇は甘くないのだろうw
数原魁選手は
「スタート展示や記念品の贈呈式の方が緊張しましたね。レースは落ち着いてできました。スタートは早いと思って放りました。回転を止めて出足が甘かったです。まずは4年以内にA級を目指したい」とコメントしている。
水野要選手も
「隣で走っていたら気になったけど、遠かったでしょ。普通にレースをしたよ。(数原選手は)6等か、仕方ないね」とコメント。
残念ながら師匠とワンツーフィニッシュで水神祭とはいかなかったが、今後に期待出来るだろう。

このレースの予想は?競艇予想サイト

今回のこのニュースを聞きつけてか、VENUSBOAT(ヴィーナスボート)」が限定プランとして情報提供していたようだ。
先週あたりからきていたメールにも載っていた。
ナイトスクープ因縁対決水野要VS数原魁in尼崎
提供数:2レースコロガシ
販売価格:3万9800円→特別ご利用価格1万9900円
消費ポイント:0
推奨投資金:?
目標金額:15~30万円
おいおいおいw
2人が走るレースは1レースしかないのにどうやってコロガシにするというのだろうか?
※出走時間と提供時間の都合上、水野選手、数原選手出走レースのご提供ではない場合もございますが、推定配当を目標としたレースをご提供をさせて頂きます。
とも書かれている。
うっそーんw
それじゃ意味ないじゃん。
てかそもそもこの2人に因縁などないはずだろう。
どちらかというと師弟対決と銘打った方が良かったのにw
メール内にはそれっぽいことが書かれていたが、たいして調べていないのだろうw
ヴィーナスボート

正直この情報はどうかと思うな。
商品名と提供情報がミスマッチすぎるw

なんでもかんでも注目されていそうなタイトルを付けているようにしか思えない。