「競艇の税金、年間いくらから必要なのか?計算方法は?」

「競艇の税金、年間いくらから必要なのか?計算方法は?」

これを聞いてもあまりピンとこない人も多いのではないだろうか?

非課税と思われがちな競艇ですが、払戻金は課税の対象なっている。

「競艇で税金?今まで払ったことがない。」
「年間いくらから課税されるの?計算方法は?」

このように思われる方も多いはずです。私自身も競艇に税金が掛かってくるとは思ってなかった。

そこで今回は『競艇の税金は年間いくらから必要なのか?計算方法は?』ということで、私が以前に調べたことをまとめてご紹介したいと思う。

知らず知らずのうちに脱税なんてことも・・・
必ず知っておこう!

 
競艇』と『税金』について
普段あまり気にしている人もいないと思うのですが、「競艇」で儲かったお金は課税対象になる。

ちなみに競艇の舟券も課税対象です。基本的に宝くじを除く、公共のギャンブルと呼ばれるものは、儲かったお金に対して税金が課せらる。

なぜ、今まで気にすることがなかったのか?

それは一定の金額までは税金が掛かってこないため。
その一定の金額を超えると税金の支払いが必要になってくる。
一定の金額とはいくらなのか?

一定の金額とは、年間50万円です。年間50万円を超えると、一時所得の申告が必要となってきます。

年間50万円の払戻金を受け取ることも、なかなかあることではないですよね。だからこそ、今まで気にしている人も少なかったのです。

でも高額配当を目指すものとして、競艇と税金については理解を深めておく必要があります。

 

計算方法は?
競艇の払戻金は一時所得にあたる。

一時所得の計算方法は以下の通り。

一時所得金額=(総収入金額−その収入を得るために支出した金額−特別控除50万円)×1/2

「特別控除50万円」を控除するので、年間50万円までの払戻金に関しては申告が不要となっているのです。

たまにいるのですが、

「ハズレ舟券は『その収入を得るために支出した金額』だから、払戻金の合計から差し引いてもいいの?」

と、言う方がいる。
しかし、ハズレ舟券は経費として認められていない。

一定の金額以上儲かった分に関しては課税されるが、その間使ったお金は経費ではないのだ。
少し理不尽な気もしますが、決まりですので仕方ない。

あと、「一時所得金額」というのは、なにも競艇の儲けだけに限ったことではない。
競艇や競輪、その他にも「一時所得金額」に含まれるものが多くある。

「特別控除50万円」は、全ての一時所得金額から差し引くものなので、競艇の払戻金以外にも、年間でご自身が一時所得として収入を得たものがないか注意してほしい。

つまり、あくまでも「競艇で50万円まで課税されない」というのは目安でしかなく、他にも一時所得の収入があると、競艇の払戻金額が50万円未満でも、申告が必要なケースがある。

「今年は仕事の給料以外にも収入を多く得ることができた!」と思う年は、一時所得の申告が必要ではないか、きちんとチェックするようにしよう!

 
まとめ
『競艇の税金は年間いくらから必要なのか?計算方法は?』ということでご紹介した。

個人で高配当を目指す人も、プロの人に教えてもらう人も、高額配当を目指すものとして、競艇と税金についてはしっかりと理解しておこう!