万舟券を勝ち取るならインがとぶレースを狙うのが当たり前!!

公営ギャンブルの中でも、比較的に穴狙いがしやすいのが競艇。
なぜなら、競艇は圧倒的に1号艇(イン)が有利となっている。

実際に、どの競艇場も1着率が一番高いコースは1コース。
それだけに、圧倒的に支持されやすいのが1号艇となっている。

当然ですが、人気の1号艇が飛べば配当は一気に高くなる。
つまり、1号艇が飛ぶレースを選び、1号艇以外から賭ければ簡単に穴狙いをすることができる。

そこで知っておきたいのが、1号艇が飛ぶのはどんなレースなのか。
そこで今回は、競艇で穴狙いをするなら注目しておきたいポイントを紹介してこうと思う。

競艇で穴狙いをするなら注目しておきたいポイント

<モーターの機歴がポイント>
競艇で穴狙いをする場合、絶対に注目しておきたいのがモーター。
今の競艇は、モーターが大きな影響力を持っている。
エースモーターと呼ばれるほどのモーターなら、腕で劣る選手でも勝ってしまうのが今の競艇である。

逆に、酷いモーターだと実力のある選手でも苦戦しがちだ。
それほど、モーターの素性は重要な要素となっている。
ですから、1号艇のモーターが悪く、他のモーターの機歴が抜群な時がチャンス。

とくに、ダッシュに伸び型のエースモーターがある場合、インまで捲りきる可能性がある。
インまで捲りきれば、インが飛ぶ可能性が高く、穴を狙いやすいのだ。

<選手の平均STがポイント>
競艇の穴狙いなら、選手の平均STも重要なポイント。
STは、スタートタイミングのことであり、速い選手ほどトップスタートをきる可能性が高い。

逆に、STが遅い選手ほどスタートで後手を踏む可能性がある。

そのため、1号艇の選手の平均STが遅く、他のコースの選手の平均STが速い選手が組まれているレースは、1号艇が飛ぶチャンス。

また、平均STだけでなく節間STにも注目しよう。
節間STが遅いということは、スタートが掴めていない可能性が高く、スタートで後手を踏む可能性が高い。


<選手の事故率もポイント>
意外かもしれませんが、選手の事故率も重要なポイント。
事故率の計算は、【事故点の合計÷出走回数】で出すことができる。

この事故率が0.70を超えてしまうと、どんな選手でもB2級となってしまう。

事故点は、フライングや出遅れで20点(優勝戦は30点)となる。
そのため、事故率が高い選手は、フライングが怖くてスタートで張り込むことができない。
つまり、事故率の高い選手がインの場合、スタートで後手を踏んで飛ぶケースがあるのだ。

ちなみに、妨害失格や不良走行、転覆・落水なども事故点が科される。
そのため、事故率が高い選手は無茶な勝負をせずに安全走行するケースが多く、競艇で勝負するときには選手の事故率にも注目しておこう。

<深インになるレースがポイント>
競艇の穴狙いは、深インになりやすいレースを狙うこと。
前付けをされれば、1号艇の選手はインを死守するため、自然と深インとなってしまう。

深インになれば、スタートまでの助走距離が短くなり、捲られやすい状況となるのだ。
そのため、深インになるレースを探し、イン以外から穴を狙うという賭け方ができる。

深インになるレースを見つけるためには、前付けする選手をリストアップし、スタート展示を確認するのがベストと言える。

1号艇が飛ぶのかは、「モーター」「平均ST」「事故率」「深イン」などがポイント。
これらの要素をチェックして、インが飛ぶのか予想してみてほしい。
ぜひ、競艇では穴狙いをして勝負してみてほしい。

競艇で穴狙いしてみよう!