【必須情報】芦屋競艇場の特徴や攻め方などをコース別勝率から見える勝機!

芦屋競艇場必勝法

先日書いたコース別データから攻め方&特徴を考えてみる。

コース別勝率などから各ボートレース場の特徴や購入狙いなどやっていこうと思う。

芦屋競艇場

コース 数値 全場rank
1コース 1着率 55.5 4
1コース 3連対率 84.625 2
2コース 1着率 11.875 23
2コース 3連対率 55.30 22
3コース 1着率 11.00 21
3コース 3連対率 51.525 19
4コース 1着率 13.675 9
4コース 3連対率 53.05 7
5コース 1着率 6.55 12
5コース 3連対率 35.55 19
6コース 1着率 2.35 9
6コース 3連対率 23.8 10

1コースの強さが目立つ場

IN逃げ信頼度もかなりの高さだと思う。

1着は1コースと考えるのが常套手段

表には載せませんが、先日調べた【2着と3着残り率】では、1.9320と全場の中でもトップ
これは1コースが1着を取れない場合でも、3着以内には残る確率が高い。
つまり1コースを消す行為はなかなか勇気のある選択かと。

2コースについてだが、全場(23場)比較だと1着率は最下位、3連体率はブービー。
1コースの数値がよいので2コースの数値が下がる傾向はあるが、少し不安げな2コースの数値になっていいる。

3コースに関しても1着率21位、3連率19位と不安げな数字。
2コース、3コースへの過度の期待は禁物そうである?

4コースに目をやると1着率9位、3連率7位と良さげの結果。
3コースと比べると若干ですが4コースの数値が全体的に勝る。

2コース、3コースが怪しい場合は4コースを狙うのも手だろう。

5コースでは1着率12位、3連率19位と平凡な結果。
けっして悪い数値ではないので選手を見てからの選択ですかね。

6コースがまずまずな結果。
穴狙いでの1着に置くなども悪いわけでもないだろう。
どちらにしても展開を突ける選手が6コースにいる場合は注意である。

内側の2、3コースがダメそうなら思い切ってダッシュ勢。

ただ、1コースを主軸に予想を組み立てるのが良さそうである。
もちろん穴党なら逆を攻めるのもアリではある。

ボートレース場ごとの1コースの1着率及びランキング

競艇場 1着率 ランキング
桐生競艇場 44.625 19
戸田競艇場 40.35 23
江戸川競艇場 44.775 18
平和島競艇場 41.675 22
多摩川競艇場 45.0 17
浜名湖競艇場 47.175 16
蒲郡競艇場 51.025 8
常滑競艇場 48.375 13
津競艇場 49.625 11
三国競艇場 48.20 14
びわこ競艇場 41.975 21
住之江競艇場 53.975 5
尼崎競艇場 53.425 6
丸亀競艇場 48.10 15
児島競艇場 53.325 7
宮島競艇場 50.0 10
徳山競艇場 59.75 2
下関競艇場 55.70 3
若松競艇場 48.575 12
芦屋競艇場 55.5 4
福岡競艇場 42.8 20
唐津競艇場 50.725 9
大村競艇場 62.725 1

という数値になった。

【1コースの1着率トップ5位】

1位:大村競艇場(62.725)
2位:徳山競艇場(59.75)
3位:下関競艇場(55.70)
4位:芦屋競艇場(55.5)
5位:住之江競艇場(53.975)

【1コースの1着率ワースト4位】

23位:戸田競艇場(40.35)
22位:平和島競艇場(41.675)
21位:びわこ競艇場(41.975)
20位:福岡競艇場(42.8)

 

1着率のトップは大村競艇場
6割超えと圧倒的な数値でのトップでした。
大村は1コースを買えというのは鉄板
2位には徳山競艇場でした。

徳山競艇場も1コースの強さは有名。
「大村競艇場よりも実は徳山競艇場の1コースの方が信頼できる」なんて、ネット掲示板の書き込みを見たことがあったのだが、高い1着率からそのように思えるのはあるかと思う。
3位の下関競艇場は個人的にはちょっと意外だった。

個人的に購入する機会が少ないので、あまり印象がなかったのですが、1着率を見ればかなりの数値になっている。
4位の芦屋競艇場と、
5位の住之江競艇場の両場とも1コースの強さはかなり知られているので順当な結果かと思う。

ワーストに目を向けると戸田競艇場(40.35)でした。
ギリギリの40%超えとなっている。

1コース以外の強さも目立つボートレース場なのでなんとも言えない。
22位の平和島競艇場も同様にセンターや外が強い場ではある。

各競艇場のデータを元に勝率を徐々にあげていこう!!