級別審査を狙って競艇で勝つ!今がチャンスだ!競艇基本情報

ボートレース選手の級別は4段階

ボートレース選手の級別はA1級、A2級、B1級、B2級の4段階に分かれている。
級別は選手の強さを計るバロメーターのようなものです。A1級が上位に位置する。

級別審査期間は年2回で、5月1日~10月31日までと11月1日〜翌年4月30日まで。
級別の適用は毎年1月1日〜6月30日までと7月1日〜12月31日までで、1月からが前期7月からは後期と呼ばれている。

級別審査基準は勝率+a

級別を決定するにあたっては級別審査基準があり、勝率、2連対率、3連対率、事故率、出走回数が基準となる。
勝率は、着順点合計を出走回数で割ったもの。着順点は1着10点、2着8点と着順に応じた点数が決められ、その合計が着順点合計である。

選手によって出走回数が違うので、比較しやすいように勝率を出す。平均何着を走っていたかがおおよそわかる。一般競走でオール3着だと勝率は6.00。

2連対率は、1、2着回数を出走回数で割って百分率で表したもの。
3連対率は、1、2、3着回数合計を出走回数で割って百分率で表したもの。

級別で最上位の級であるA1級は、ボート界のエリートのような立場と理解して間違いない。

期末勝負駆け

級別審査の締め切りが近づいてくると期末勝負といって、A1級やA2級のボーダー上の選手が少しでも成績が上がるように気合の入ったレースをすることがある
こうした状況も舟券作戦の対象になり専門誌などに載っているので、チェックするのもおもしろい。

高事故率の選手はスタートで無理できない?

期末勝負は、なにも勝率アップだけに注目すれば良いわけではない。例えば、高事故率の選手は、スタートで無理が出来ない。

級別審査基準には事故率という項目がある。いくら高い勝率をマークしても、事故率が0.71以上となるとB2級となる

フライングなどで事故率が高い選手は、出走回数を増やして事故率を減らそうとする。そのため、無事故完走を目標で走る場合があるのだ。

期末に近い時期のレースでは、こうした“無理ができない選手”をしっかりと舟券から外すことも忘れずに予想することが大切である。

A1級の出走回数が90走以上に改定されてからというもの、フライングを1本受けてしまうと、2本目を取るとA1級が危ないと感じて、スタートを控える傾向が出てしまうのも、また事実。

事故多発や低勝利選手は選手会から退会勧告

選手は無事故で走っていれば安泰というものではない。4期通算(2年目)の事故率や勝率によって日本モーターボート選手会から退会勧告を受ける事もある。

ボートの選手は、日本モーターボート選手会の会員が前提になっているので、選手会からの退会は引退を意味する。
該当する数字は4期トータルで、事故率0.70以上、勝率は3.80以下です。4期通算勝率に関しては、新人は猶予期間があるが、デビューして6年近く走ることはできても、一定の勝率を確保しないと引退を余儀なくされる厳しい世界とも言える。3年間レースに出場できなかった選手の場合には登録抹消となります。いつもベストな状態でレースに臨めるように、こうした登録更新検査があるのです。

級別審査期間 審査期間

前期 5月〜10月
後期 11月〜翌4月

適用期間

前期 翌年1月〜6月
後期 7月〜12月