G1全日本王座決定戦:決勝!注目は太田和美,石野貴之選手!

ブログ主のプロフィール

競艇予想サイトに騙されたので、悪徳競艇予想サイトを撲滅しようと、ブログを開始。

2015年、僕は競艇予想サイトのせいで罰金の既に末に会社をクビに。
悪徳競艇予想サイトを撲滅するため、現在までに
・累計約70サイトの検証
・2000レース1万通りの買い目情報を検証
その結果、情報をお金を出してでも予想が欲しいサイトは1割だった。
1割の予想サイトを日々利用しながら、今は毎日時事ネタから注目レース,選手を更新中である。
『予想サイトで騙された(´;ω;`)』なんて経験はもう絶対にしたくない、して欲しくない。
今でも利用しているおすすめサイトはココ

今日は、読売新聞社杯 全日本王座決定戦 開設67周年記念の決勝をピックアップしていこう!!

ボートレース芦屋の開設67周年記念「GI全日本王座決定戦」が10月31日から11月5日 まで開催されている。
芦屋周年は峰竜太が3連覇中だが今回は不在。(その理由は、こちら)
V争いは混戦ムードとなりそうというのが大方の予想であった。秋深まる芦屋水面で頂点に立つのは誰になるのか。

シリーズを引っ張りたいのは地元の福岡支部。


篠崎元志は芦屋周年で4回の優出歴。ただ10年度は優出3着、14年度も優出3着、15年度 も優出3着、16年度も優出3着とすべて3着に終わっている。
今度こその思いは年々高まって いることだろう。
近況は10月の鳴門周年で今年GI初優出を飾るなどリズム上昇ムード。
芦屋は8月のお盆レースで優勝したばかりでもあり、芦屋周年初Vへ準備は整っている
 。

地元芦屋のG1できっちり 賞金を上積みしたい。

優勝戦は3号艇からの出走である!!

同じく地区選で優出6着に入った池永太、芦屋G1優出4回の 平田忠則、8月の芦屋お盆レースで優勝戦1号艇に乗った渡辺浩司、今年4Vとリズム上々 の西山貴浩、GI選出除外から戻ってきた前田将太と福岡勢は精鋭ぞろいであったが、j地元勢では、唯一篠崎元志となってしまった。


遠征勢では石野貴之が見逃せない。

今年は8月まで記念優出1回となかなかリズムが上がらず苦しんでいたが、9月にSGボートレースメモリアルで優出3着、G1高松宮記念で地元V と好走を連発して一気に復調ムードである。
賞金ランキング13位まで巻き返してきた。
芦屋周年は15年に優勝した実績もある大会だけに、ここでさらなるランクアップを狙ってきそううな予感である。
優勝戦は2号艇からの出走である!!

その他では、SGボートレースメモリアルで優勝して賞金ランキング2位まで上がってきた毒島誠(群馬)や、08年の芦屋周年で優勝している菊地孝平(静岡)が12年の芦屋SG グランドチャンピオンを制した太田和美 (大阪)らがV争いに名乗りを上げてきそうであると注目されていた。

結果的に、優出を果たしたのは、太田和美選手のみであった!
優勝戦は1号艇からの出走である!!
また若手では9月のPG1ヤングダービーで優勝した永井悠也(東京)が、
優勝戦は4号艇からの出走である!!

G1全日本王座決定戦:優勝戦情報

kodama_4-4

選手コメント

太田和美選手
乗り心地を含めると100点満点じゃないが、出足、伸びとバランスが取れている。伸びは石野(貴之)選手が強いかも…

石野貴之選手 
ずっと足はいいし、不満はない。
優勝戦の中でも負けることはない。 乗り心地だけを調整。スタートは勘通りに行けてる。

篠崎元志選手
準優のスタート全速で伸び返した。

上位と差はなく、バランスが取れて乗りやすい。

今節はスタートいいの行けている。

永井彪也選手
ペラを叩き直して全体に上向き。
特にスリット付近がよかった。
スタートはバッチリだし、自分から攻めることも考える。

寺田祥選手
準優はペラを失敗したが乗り心地だけはきていた。
調整が会えば記憶にないぐらいかかりはいい。
その分、伸びは少し弱い。

松田祐季選手
整備した2日目から足はよくなった。
バランスが取れて1Mのまくり差しもイメージ通り。
ダッシュのスタートの方がいい。

僕としても注目の一線!
賞金ランキングにも大きく関わってくる今日!

誰が優勝するか楽しみである!!

ちなみに、G1全日本王座決定戦も予想サイトを使用して稼がせてもらった!!

優勝は、太田和美選手!!

見事なスタートから1Mのターンで危なげなく通過し、『逃げ』でG1全日本王座決定戦を制した!!

賞金ランキングも、今回の優勝賞金1000万円によって賞金ランキングも暫定12位まで浮上すると思われる。

年末のグランプリ出場をほぼ決めたレースであったと言えるだろう!!