村松修二選手ルーキーシリーズ後に会食を11人で!それにより2カ月の出場停止処分,選手としての体面汚し等

選手情報

村松修二選手2カ月の出場停止処分の理由は?

 2020-08-17 19.23.04

ブログ主のプロフィール

競艇好きのサラリーマンが競艇予想サイトに騙された。

2015年僕は悪徳競艇予想サイトで詐欺にあった末に会社をクビに。

悪徳サイトを撲滅し、競艇で稼ぐためにブログを開始!!
現在までに
・累計80の競艇サイトを検証
・2000レース1万の予想を検証
その結果、
本当に優良サイトは10サイトに満たなかった、、
その上で独自のルールを決めて利益を出せるようになった。
プロの予想で100%の的中はない。
だからこそ、どのように参加するかが肝になる!

『競艇予想サイトで稼げない(´;ω;`)』なんて経験はもう絶対にしたくない、して欲しくない。

競艇選手から初めてコロナに感染者が出たに記事はこちら

2020年8月11日にボートレース公式より以下の発表があった。

令和2年8月25日(火)よりボートレース下関で行われる第66回ボートレースメモリアルの出場選手について、登録第4816号 村松 修二 選手(広島支部)は8月7日に開催された第337回褒賞懲戒審議会において向こう2ヶ月の出場停止処分(選手としての体面汚し等)が決定し、あっせん停止となりました。
これに伴い、以下のとおり出場選手が繰り上がりますので、お知らせいたします。【第66回ボートレースメモリアル(下関)の出場繰り上がり選手】
登録第4450号 平高 奈菜 選手(香川支部)
令和2年9月17日(木)よりボートレースびわこで行われる第7回ヤングダービーの出場選手について、登録第4816号 村松修二 選手(広島支部)は8月7日に開催された第337回褒賞懲戒審議会において向こう2ヶ月の出場停止処分(選手としての体面汚し等)が決定し、あっせん停止となりました。
これに伴い、以下のとおり出場選手が繰り上がりますので、お知らせいたします。【第7回ヤングダービー(びわこ)の出場繰り上がり選手】
登録第4875号 大塚 康雅 選手(東京支部)
このニュースのタイトルはあくまで、ボートレースメモリアルの出場選手の繰り上がり選手についてであったが、内容としてはむしろそれ以上に気になる内容がある。
ボートレース公式からは、村松修二選手がなぜ、『8月7日に開催された第337回褒賞懲戒審議会において向こう2ヶ月の出場停止処分(選手としての体面汚し等)が決定し、あっせん停止』となってしまったのか説明がない。
出場停止処分の分類としても、『選手としての体面汚し等』というのはほとんど見かけない。

村松修二選手の選手としての体面汚し等についてファンからは

競艇選手がコロナに感染!
広島支部の村松修二,橋本明,宗行治哉,向井田佑紀,浜先真範選手から4名がコロナに感染!!

広島県は、廿日市市の「ボートレース宮島」を利用したボートレーサーの間でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。これまでに感染が確認された選手は6人で、居住地は広島市1人、呉市1人、廿日市市1人、府中町1人、群馬県高崎市2人。

検査の対象は選手が約50人、関係者が約60人、計約110人。今後感染者が増える可能性がある。

7/21(火)~27(月)にボートレース宮島で開催された大会に出場するため全国からボートレーサーが集合。
練習、レースのほか、専用施設に宿泊していた(レースに出場しない選手は夜に自宅に戻っている場合もあり)。
広島県内に居住する選手11人は、27(月)夜に会食していたという。

記者会見では、今回公表されたボートレーサー(廿日市市居住)を含む広島県内で新たに感染が確認された3人について説明。

村松修二,橋本明,宗行治哉,向井田佑紀,浜先真範選手のうち4人がコロナウイルスに感染している。

メモリアルに斡旋が行われていたことからも、村松修二選手はコロナウイルスには感染していなかったものと判断できる。

しかし、『広島県内に居住する選手11人は、27(月)夜に会食していた』という事実が明
るみになっている以上、コロナウイルスの感染防止対策を行っているボートレース公式としては、看過できない行動と判断されたのだと推測できる。