なんと1位の選手は36憶越え!?【ボートレーサーの生涯獲得賞金ランキングトップ10位】

選手情報

どーも、こんにちは!
とうとう夏も終わり、10月に入って今年もあと残り3ヶ月をなってしまったね。
あー今年はなんか時間が過ぎるの早かったなー。(って毎年同じこと言ってるw)

今年の夏はぜんぜん夏らしいこともできず、心残りのまま冬をむかえることになってしまった。
と俺は日々愚痴をこぼしまくりながら最近は生活しているぞ!

っていう俺の近況はどうでもよくてww
今回は競艇選手の生涯獲得賞金について書いていくぞ。
「いったいどの選手が一番稼いでいるのだろ?」「金額はどのくらいなのだろう?」と思っている人にもわかりやすいようにランキング形式でまとめていくぞ!是非最後まで見ていってくれ!!

男子ボートレーサーの生涯賞金獲得ランキングトップ10

順位選手名獲得賞金額
1位松井 繁36億9,634万円
2位今村 豊28億9,290万円
3位山崎 智也24億8,094万円
4位今垣 光太郎23億5,583万円
5位植木 道彦22億6,184万円
6位濱野谷 健吾21億5,948万円
7位瓜生 正義20億8,534万円
8位太田 和美20億5,572万円
9位田中 信一郎21億5,948万円
10位服部 幸男19億2,027万円
2019年3月時点

男子生涯獲得賞金ランキング1位 松井 繁(まつい しげる )選手

松井繫選手
出身地大阪府
生年月日1969年11月11日
身長168cm
体重51kg
登録番号3415
級別A1級

松井繫選手は、2011年に公営競技史上初の生涯獲得賞金30億突破を果たした競艇界のレジェンドである。

2位の今村豊選手とは8億という差をつけ、ぶっちぎりで1位を突っ走っている。そんな圧倒的な強さから、
絶対王者」という異名を持っているぞ。

競艇の中で最高峰のレースと言われているSG(スペシャルグレード)では12回も優勝を飾っている。

男子生涯獲得賞金ランキング2位 今村 豊 (いまむら ゆたか)選手

今村豊選手
出身地山口県
生年月日1961年6月22日
身長162cm
体重50㎏
登録番号2992
級別A1級

今村豊選手は、2004年に行われた総理大臣杯を制した際に公営競技選手初の生涯獲得賞金20億円突破を果たしたこの人物も競艇界のレジェンドである。

間もなく還暦をむかえる選手ではあるが、その実力は未だ健在で「艇界のプリンス」「ミスター競艇」といった異名を持っているぞ。

今村豊選手の最大の武器は全速ターンで、2017年には史上18人目の24競艇場全場制覇という偉業も成し遂げている。

男子生涯獲得賞金ランキング3位 山崎 智也 (やまざき ともや)選手

山崎智也選手
出身地群馬県
生年月日1974年3月11日
身長164cm
体重53㎏
登録番号3622
級別A1級

山崎智也選手は、2015年の賞金ランキング1位に輝いていて、SGタイトルは11と名実ともに競艇界を代表する選手である。

イケメンボートレーサーとしても有名で、女性ファンがとても多く「艇界の貴公子」という異名を持っているぞ。

安定感のあるレース運びには定評があり、枠なり進入が多く見られるがピット離れがいいときは積極的に内に入っていく特徴がある選手だ。

女子ボートレーサーの生涯獲得賞金ランキングトップ10

順位選手名獲得賞金額
1位日高 逸子10億2,082万円
2位山川 美由紀10億887万円
3位寺田 千恵8億8,859万円
4位谷川 里江7億8,203万円
5位鵜飼 菜穂子7億2,747万円
6位角 ひとみ6億9,946万円
7位海野 ゆかり6億9,148万円
8位渡辺 千草6億1,513万円
9位高橋 敦美6億1,204万円
10位柳澤 千春5億8,599万円
2020年6月時点

女子生涯獲得賞金ランキング1位 日高 逸子 (ひだか いつこ)選手

 日高逸子選手
出身地宮崎県
生年月日1961年10月7日
身長155cm
体重47kg
登録番号3188
級別A1級

日高逸子選手は、2015年に女子ボートレーサー史上2人目の通算2000勝達成女子ボートレーサーの最年長優勝記録を更新をし続けているなど、この選手も競艇界のレジェンドである。

しかも、子供が2人いるお母さんでもあり「グレートマザー」といった異名を持っているぞ。

先ほど紹介した松井繫の36憶越えを見た後だと少し目劣りしてしまうが、それでも10憶越えはすごすぎる。(こんなかっこいいお母さんは見たことがない!)

現在は、F3により150日間の出場停止になっている。ゆっくり休んで早く戻って来てほしいな。

女子生涯獲得賞金ランキング2位 山川 美由紀 (やまかわ みゆき)選手

山川美由紀選手
出身地香川県
生年月日1966年10月24日
身長153cm
体重46㎏
登録番号3232
級別A2級

山川美由紀選手は、2013年に女子ボートレーサー史上初の通算2000勝を達成した選手で、さらに2019年には、これも女子ボートレーサー史上初の通算2500勝という偉業を成し遂げている。

ボートレーサーとしてのモットーは「怪我なく走れるところまで走り続ける事」で、キャッチフレーズは「パワークイーン=力の女王」と呼ばれているぞ。

先ほど紹介した日高逸子選手と同様、生涯獲得賞金10憶越えで競艇界を代表する女子ボートレーサーだぞ。

女子生涯獲得賞金ランキング3位 寺田 千恵 (てらだ ちえ)選手

寺田千恵選手
出身地福岡県
生年月日1969年4月11日
身長157cm
体重45㎏
登録番号3435
級別A1級

寺田千恵選手は、2001年に女子ボートレーサーでは初となるSG初優出を果たした選手である。

2008年には通算1000勝を達成し、さらに2014年には通算1500勝を達成するなど、これからの活躍も目が離せない選手だ。

ちなみにニックネームは「てらっち」と呼ばれているぞ!

まとめ

ボートレーサーの平均年収が約1600万円と言われている中で、男女レーサー共に10位以内の選手は全員「憶」を超えている事実を見ても改めてボートレーサーという競技には夢があるんだなと実感するよね。

どの選手も名実ともに競艇界を代表する選手たちなので、このランキングが今後どう入れ替わっていくのかとても気になるとこだぞ!全選手の今後の活躍を応援し、期待しているぞ!!

一緒に見てほしい記事も載せておくぞ!
日々競艇について調べたりいる俺が一番に力を入れているのが「競艇予想サイトの検証」だ。

以前予想サイトに騙され詐欺にあった経験もあり、「悪徳予想サイト」を撲滅し競艇で稼ぐため数々の競艇予想サイトを利用し検証した結果、俺が「優良予想サイト」として認めた競艇予想サイトだ。
予想的中率も極めて高く、俺が信用する数少ない競艇予想サイトなので是非試してみてくれ!(特別だからなww)