【全24カ所の競艇場一覧】今回選ぶ3つの競艇場の特徴を解説

レース・レース場情報

どーも、こんにちは!
最近いろいろと忙しく競艇場に行けてない日々が続いており、行きたいという欲を満たすため画面越しで競艇場を見て目で感じるという作業(競艇中毒の症状ww)を暇があればやるといった生活を送っている。
そんな中新たな夢ができた。その夢は福岡県の競艇場に泊りがけで行き、そこで万舟券を当て、大好きな福岡のキャバクラで豪遊すること!
何と言っても福岡の女の子は可愛くて方言もたまらんw

ということで、今日はそんなことを考えながらいつも調べている全国の競艇場を紹介していこうと思う!
今現在日本には24か所の競艇場がある。


初心者の方にもわかりやすいように地域別に競艇場をまとめてみたぞ!

全国競艇場一覧


競艇場住所アクセス

桐生競艇場
(群馬県)
群馬県みどり市笠懸町阿左美2887JR岩宿駅・東武新桐生駅
戸田競艇場
(埼玉県) 
埼玉県戸田市戸田公園JR埼京線戸田公園駅・東武東上線成増駅・JR京浜東北線川口駅・都営地下鉄三田線高島平駅
江戸川競艇場
(東京都)
東京都江戸川区東小松川3-1-1JR総武線平井駅・都営新宿線船堀駅・東京メトロ東西線西葛西駅
平和島競艇場
(東京都)
東京都大田区平和島1-1-1JR大森駅・京浜急行大森海岸駅
多摩川競艇場
(東京都)
東京都府中市是政4-11JR武蔵野線府中本町駅・西武多摩川線競艇場前駅・京王線多磨霊園駅
東海浜名湖競艇場
(静岡県)
静岡県湖西市新居町中之郷3727-7JR東海道本線新居町駅
蒲郡競艇場
(愛知県) 
愛知県蒲郡市竹谷町太田新田1-1JR三河塩津駅・JR蒲郡駅・名鉄競艇場前駅
常滑競艇場
(愛知県)
愛知県常滑市新開町4-111常滑駅
津競艇場
(三重県)
三重県津市藤方637津駅・津新町駅
近畿三国競艇場
(福井県)
福井県坂井市三国町池上80-1JR芦原温泉駅
びわこ競艇場
(滋賀県)
滋賀県大津市茶が崎1-1JR大津駅・JR大津京駅・京阪三井寺駅
住之江競艇場(大阪府)大阪府大阪市住之江区泉1-1-71住之江公園駅
尼崎競艇場
(兵庫県)
兵庫県尼崎市水明町199-1JR立花駅・阪神電鉄尼崎センタープール前駅・阪急塚口駅
四国鳴門競艇場
(徳島県)
徳島県鳴門市撫養町大桑島字濘岩浜48JR鳴門駅・徳島駅
丸亀競艇場
(香川県)
香川県丸亀市富士見町4-1-1JR丸亀駅・JR坂出駅
中国児島競艇場
(岡山県)
岡山県倉敷市児島元浜町6-3JR瀬戸大橋線児島駅
宮島競艇場
(広島県)
広島県廿日市市宮島口1-15-60JR山陽本線宮島口駅・広島電鉄宮島線宮島ボートレース場駅
徳山競艇場
(山口県)
山口県周南市大字栗屋1033JR徳山駅・ 櫛ヶ浜駅・下松駅
下関競艇場
(山口県)
山口県下関市長府松小田東町1-1JR山陽本線長府駅・JR下関駅
九州若松競艇場
(福岡県)
福岡県北九州市若松区赤岩町13-1JR筑豊線奥洞海駅
芦屋競艇場
(福岡県)
福岡県遠賀郡芦屋町大字芦屋3540JR黒崎駅・折尾駅・遠賀川駅
福岡競艇場
(福岡県)
福岡県福岡市中央区那の津1-7-5地下鉄天神駅・西鉄福岡(天神)駅
唐津競艇場
(佐賀県)
佐賀県唐津市原1116JR筑肥線東唐津駅
大村競艇場
(長崎県)
長崎県大村市玖島1-15-1大村駅

こんな感じだ。
東方や北海道などの寒い地域に競艇場が設置されていない理由は、冬場など寒い季節の時に池が凍ってしまいレースが中止になる可能性があり、冬場だけのレース中止など、その間の維持費などを含めて考えると現実的に厳しいという理由でこのような配置になっているみたいだ。

各競艇場にはそれぞれ異なった特徴があり、水質・コースの広さ・風の強弱・波の高さなど競艇場によって違いがでてくる。

次は24カ所の競艇場の中から3つを選び、競艇場の特徴など詳しく説明していくぞ!

今回選ぶ3つの競艇場

1、若松競艇場(福岡県)

若松競艇場

若松ボートレース場は北九州市と中間市行橋市競艇組合(中間市および行橋市で構成する一部事務組合)が主催者みたいだ。

パイナップルナイターというナイター競走も行っているので昼間は仕事などで夜しか時間がない人でも実際に競艇場に足を運び楽しめるようになっている。

水面は海で、水質は海水だ。水面はそれほど荒れる事はないが、洞海湾と直結しているため、冬場はやや荒れる事もある。

《知っておくべき特徴》

ナイター開催

水質は海水

風と潮の影響でスタートにばらつきがでる

満潮の時はインが有利

干潮の時はまくりが決まりやすい

2、芦屋競艇場(福岡県)

芦屋競艇場

芦屋ボートレース場は芦屋町が主催者みたいだ。

2010年7月9日からサンライズレースという業界初のモーニングレースも行っているので朝から競艇場に行きたい人でも楽しめるようになっている。

水面はプールで、水質は淡水だ。かつては、九州の5場のうちで最もまくりの効きやすい競艇場であったが、現在では1コースの勝率は約50%まで上がっている。

《知っておくべき特徴》

モーニング開催

水質は淡水

まくりが決まりやすい

返し波の影響を全く受けない静水面

3、福岡競艇場(福岡県)

福岡競艇場

福岡ボートレース場は福岡市と福岡都市圏広域行政事業組合が主催者みたいだ。

福岡市の中心繁華街である天神から徒歩でわずか10分と近く、東京都にある平和島ボートレース場と並んで「都市型競艇場」の代表格としてあげられている。

水面は海で、水質は海水または汽水だ。第1ターンマーク部分だけが、福岡市を流れる那珂川の河口部に突き出ているという、全国的に見ても他に類がない特異な競走水面になっている。

満潮時には第1ターンマーク付近で海水と淡水がぶつかり合うことで複雑なうねりが発生し、難水面としても有名だ。なお、助走距離が180mと全国で最も短く、ダッシュも利きづらい。

《知っておくべき特徴》

水質は海水または汽水

満潮により難水面

ダッシュが利きづらい

インが弱い

まとめ

このように各競艇場にはそれぞれ異なった特徴があり、競艇場ごとの特徴を知っておく事は予想的中においてとても重要になってくる。

自分に合った競艇場を見つけ、その競艇場の特徴をしっかり把握して的中率と回収率を上げていってほしい!