競艇界トップの頭脳派選手菊地孝平(キクチコウヘイ)選手について

選手情報

今日はまだ取り上げていなかった選手についての選手紹介をして行こうと思うぞ。

早速だが今日紹介する選手は菊地孝平キクチコウヘイ)選手だ!
知らない人の為に言っておくが、菊地孝平(キクチコウヘイ)選手はどのような選手なのかと言うと、毎年賞金ランキングでトップクラスにランクインする程腕がある選手だ。
もちろん今年も現段階で約9100万円の獲得で4位にランクインしているぞ!

俺だけかもしれないが、どこか俳優の阿部寛さんに似ている。そして男前だな!
ボートレース界トップクラスのスタート技術でも有名な菊地選手だが、どのようにしてあれ程の正確なスタートを切れるのかや、菊地選手の違った一面や、結婚など色々な事を紹介していこうと思うぞ!

菊池孝平(キクチコウヘイ)選手の基本情報

名前菊地孝平(キクチコウヘイ)
生年月日1978年 8月16日
出身岩手県
支部静岡
級別A1
登録番号3960(82期)
身長166cm
体重57kg

出身は岩手県で現在は静岡県浜松市在住で静岡支部に所属している菊地選手だ。

競艇選手になったきっかけ

父親が競艇好きで小さな頃から「競艇選手になれ」と言われていたようだ。
しかし、高校時代は野球部に所属していて、その頃から頭脳明晰で文武両道だった菊地選手は将来的には飛行機の設計や開発の仕事をしたいと考えていたようだ。

その後、名門である岩手大学に推薦で合格したんだが、同時に競艇選手募集試験も受験しておりそちらも合格したため大学入学を辞退して第82期訓練生として本栖研修所に入所したらしいぞ!

菊地孝平(キクチコウヘイ)選手ならば文武両道で頭脳明晰であるから、どの道に進んでいても成功していたかもしれないな。

菊地孝平(キクチコウヘイ)選手のデータ

勝率7.102連対率47.70%
3連対率60.55%出走回数109回
優出回数4回優勝回数2回
平均スタートタイミング0.11フライング回数0回
1着28.4%(31回)2着19.3%(21回)
3着12.8%(14回)4着12.8%(14回)
5着17.4%(19回)6着9.2%(10回)
2019/11/01-2020/04/30

簡単に結果をまとめたが、流石の結果であるな。

そして何より気になるのが平均STの早さだな。
フライングスタート方式を採用している競艇においてこの「0.11」という数字は異次元と言っても過言ではないのかもしれない。
さらに言うとボートレース界には平均STが早い選手は何人もいるが、その分フライングする可能性が上がる為俗にいう「F持ち」となる事が多い。
しかし、菊地孝平(キクチコウヘイ)選手はボートレース界トップクラスの「0.11」という数字を出しておきながらこの期間でのフライングは0だ。
上記の期間以外でも非常にフライングを犯す事が少ないのも特徴だ。

どのようにしてこのような精密なスタートが生まれるのかと言うと、1つ言えることは頭脳派選手である菊地孝平(キクチコウヘイ)選手ならではのスタートについての緻密な計算があるのではないかな。

菊地孝平(キクチコウヘイ)選手の戦歴

1998年5月8日浜名湖競艇場の2Rでデビューし結果は5着
1998年5月9日浜名湖競艇場で初勝利
2001年5月8日琵琶湖競艇場で初優勝
2004年7月13日常滑競艇場でG1初優勝(マーメイドグランプリ)
2005年9月4日若松競艇場でSG初優勝(モーターボート記念競走)

水神祭となる部分だけ抜粋して紹介してみたぞ!

初優勝はデビューしてからまるっとちょうど3年かかったようだな。
SGで初優勝してからは、数々のタイトルを獲得しているぞ!

菊池孝平(キクチコウヘイ)選手のレーススタイルと特徴

艇界有数の速攻派と言わしめる菊地孝平(キクチコウヘイ)選手のレーススタイル、その特徴と言えばとにかく早いスタートタイミングだな。

平均スタートタイミングは0.10~0.15でSGクラスの選手の中でも間違いなくトップの数値である。

その上、安定してトップタイミングでスタートを切るほか、これだけ攻めているのにスタート事故の少なさにも定評があるぞ。

トップスタートを切れるということは、進入コースにとらわれず、良い着順となれる可能性が高いということで、出走レースでは相当な確率で舟券に絡んでいるぞ

これは競艇ファンの中でも強く印象的で浸透しており、抜群のスタートからの展開を読む力と修正力、それに合わせられる正確な旋回力が魅力的な競艇選手だ。

「菊地のIQは160ある」

の言葉は、本栖養成所時代の教官が語った一言で、1コース以外からの優勝をかっさらっていく動きはとにかく高い状況判断能力の賜物と言えるではないかな。

また、モーター整備も得意としており、競艇選手となる前には飛行機の開発や設計をしたいと思っていたということもあり、抜群の調整力を誇っている。

菊地孝平(キクチコウヘイ)選手のプライベート

次は菊地選手のプライベートな部分を見ていこうか。とは言っても菊地選手はプライベートな部分はあまり公開しておらず少し薄い内容になってしまうが、分かる範囲で紹介していくぞ!

菊地選手はどうやら現在結婚はしていて2011年に女の子が生まれているようだ!

そして趣味は登山やバイクでのツーリングだそうだ!
俺もアウトドア派だから親近感が湧くなww

あと菊地選手の意外な一面が見れる動画をYouTubeで発見したから紹介するぞ!

こちらの動画だ!
パチスロライターであるういちさんとの対談動画なんだが、菊地選手と茅原選手が友達も呼ぶと言って呼んだのがレジェンド松井繁選手を始め多くのボートレース界のトップレーサーたちだった。

その結果忘年会のような賑やかな飲み会となり収拾がつかなくなったww

最初からゲストとしていた菊地選手に至ってはかなり飲んでいたようで出来上がってしまい、最後の方にはういちさんが質問しているのにも関わらず何度も寝てしまうシーンがある。

また友達を呼ぶと言ってすぐにこれだけのトップレーサーが集まって来てくれるという事から、菊地選手の人柄と人望の暑さが見て取れるのではないかなと個人的には思うぞ。

まとめ

個人的に好きな菊地孝平キクチコウヘイ)選手の紹介を今回したわけだが、頭脳派のすごい選手という事が少しは分かってもらえたかな?

またさっきも言ったが、スタートタイミングが抜群ということは、どのコースからスタートしても良い着順に入れる可能性が上がるということだ。

この事から菊地孝平キクチコウヘイ)選手が出走するレースの舟券を購入する場合は、舟券に絡む確率が高いという事を頭に入れておく必要があるな。
またイン以外のコースからスタートする場合、外の選手は菊地選手のスタートがいい為、しっかりと壁になり攻めにくくなるという事も頭に入れておくといいかもな。

特に先ほど紹介した動画で茅原選手と石野選手が言っていてが菊池選手のホームグラウンドである浜名湖競艇場ではある条件の時は捲り差しが決まりやすいみたいだ。
そういった事を知り尽くしている菊地孝平(キクチコウヘイ)選手が浜名湖競艇場で出走する場合は舟券から外すことはできないのでないかな。