アニメモンキーターン青島のモデル競艇界のグレートマザー日高逸子(ヒダカイツコ)選手について

選手情報
【ブログ主のプロフィール】
 

競艇予想サイトに騙されたので、悪徳競艇予想サイトを撲滅しようと、ブログを開始。

2015年、俺は競艇予想サイトのせいで借金を背負い、それにより会社をクビに。
悪徳競艇予想サイトを撲滅するため、現在までに以下の検証を行った。
 
累計約70サイトの検証
 
2000レース1万通りの買い目情報を検証
 
その結果、情報にお金を出してでも予想が欲しいサイトは1割だった。
1割の予想サイトを日々利用しながら、今は毎日時事ネタから注目レース・選手情報を更新中である。
『予想サイトで騙された(´;ω;`)』なんて経験はもう絶対にしたくない、して欲しくない。
今でも利用しているおすすめ競艇予想サイトの情報も書いていくぞ!

少し前に、アニメモンキーターンの主人公の波多野のモデルの濱野屋 憲吾(ハマノヤ ケンゴ)選手について書いて行ったのですが今回は、モンキーターンで波多野の同期の女子競艇選手として青島優子と言う選手が出てくる。

そこでアニメモンキーターン青島優子のモデルとなった選手を今回は紹介していきたいと思います。

モンキーターンで1,2位を争うくらい人気のあるキャラでもあり、パチスロモンキーターンでは激アツ演出ですw

アニメ青島には複数人の選手のエピソードなどをモデルにしている。

一人は、濱野屋 憲吾(ハマノヤ ケンゴ)と同期で名前も似ている中里優子(ナカザトユウコ)選手

もう一人、

その選手は日高逸子(ヒダカイツコ)選手です。

アニメモンキーターンで青島優子は小麦色の肌の美少女で女子の中ではトップ選手として描かれています。

作者の河合克敏さんもとてもお気に入りのキャラだと言っています。

それではそんなアニメモンキーターン青島優子がモデルとなった日高逸子(ヒダカイツコ)選手について書いていこう!!

モンキーターン青島モデル 日高逸子(ヒダカイツコ)選手

日高逸子(ヒダカイツコ)

登録番号3188
生年月日1961/10/07
身長155cm
体重47kg
血液型A型
支部福岡
出身地宮崎県
登録期56期
級別A1級

宮崎県出身の福岡支部の日高逸子(ヒダカイツコ)選手これはアニメモンキーターンの青島優子と全く一緒です。

ボートレーサーになったきっかかけ

日高逸子(ヒダカイツコ)選手は、両親が離婚後宮崎県で祖父母に育てられた。

高校を卒業後、信用金庫に就職をしたが一年後退職をしている。その後、宮崎から東京に上京して、製菓学校や旅行専門学校に通ったりして旅行会社や喫茶店で働いたりしていました。そこでボートレース募集のCMを見て、競艇に興味をもち応募したとのことです。

研修などを受け耐え抜き、1985年にデェビューを果たします。

日高逸子(ヒダカイツコ)選手戦歴

・1985年5月、芦屋競艇場(ボートレース芦屋)でデビュー。

・1989年3月7日、多摩川競艇場(ボートレース多摩川)で行われた第2回JAL女子王座決定戦競走で優勝した。決まり手は恵まれでした。

・1996年8月8日、新潟県出身の井上邦博と結婚。邦博は井上を日高に改姓。邦博は引き続き新潟に単身赴任の形で別居。

・1997年3月7日、長女を出産、これを機に夫の邦博は会社を辞め新潟から福岡に移り逸子と同居を開始して主夫となる。逸子は産後3ヶ月で復帰。

・1999年7月5日、次女を出産。産後3ヶ月で復帰。

・2002年10月5日、唐津競艇場(ボートレース唐津)で通算1000勝達成する。

・2005年3月6日、大村競艇場(ボートレース大村)で行われたGI第18回JAL女子王座決定戦競走において優勝戦に進出し、4コースからまくりを決めて優勝した。

・2006年8月、桐生競艇場(ボートレース桐生)で行われたSG第52回モーターボート記念競走に芦屋競艇場(ボートレース芦屋)の推薦により出場、同競走の歴史において女子選手が施行者場以外の各競艇場から推薦されるのは初めてであった。

・2006年9月27日、大村競艇場(ボートレース大村)の周年記念競走・優勝戦においてフライング、罰則(6ヶ月間のGI競走への斡旋停止・当時の罰則)により2007年の九州地区選手権競走、JAL女子王座決定戦競走などのGI競走に出場出来なくなった。

・2006年12月、住之江競艇場(ボートレース住之江)で行われたSG賞金王シリーズ戦に初出場。

・2008年10月3日、下関競艇場(ボートレース下関)で行われたジュエルセブンカップ(オール女子戦)第12レースで通算1,500勝を達成する。

・2010年4月18日、競艇名人戦競走に資格(48歳以上)取得1年目で初出場、ドリーム戦にも出走して、優勝戦に進出(6着)した。

・2010年10月26日、福岡チャンピオンカップで優勝戦に進出5着でした。

・2012年に2回行われた女子王座決定戦競走において、2回とも優勝戦に進出(第25回は5着、第26回は2着)した。また大村競艇場(ボートレース大村)で開催された第1回賞金女王決定戦でも、優勝戦に進出(6着)でした。

・2013年4月21日、琵琶湖競艇場(ボートレースびわこ)で開催された第14回名人戦競走において、3年ぶりに優出した優勝戦は2着。

・2014年12月31日、住之江競艇場(ボートレース住之江)で行われた第3回クイーンズクライマックスにおいて、優勝戦に1号艇で出場し、1コースからコンマ01のスタートを決め優勝した。決まり手は逃げ。

・2014年に日高が獲得した賞金は4096万円で全競艇選手の中では40位、女子競艇選手の中では1位であった

・2015年7月9日、ボートレース浜名湖の一般タイトル戦・初日第8レースを勝利し、女子としては山川美由紀に次いで二人目となる通算2,000勝を達成する。

グレートマザー日高逸子(ヒダカイツコ)選手の結婚、旦那など

上記にも書いてあるように現在59才の日高逸子(ヒダカイツコ)選手には旦那さんがいます。

なんと言ってもニックネームは「グレートマザー」と言われています。

そんなグレートマザーこと日高逸子(ヒダカイツコ)選手の旦那さんは、日高 邦博(ヒダカクニヒロ)さんです。

1961/11/2生まれ新潟県出身の主夫です

とてもいい写真ですね!!

日高逸子(ヒダカイツコ)選手期別成績

勝率6.532連対率43.80%
3連対率68.38%出走回数155回
優出回数7回優勝回数1回
平均スタートタイミング0.16フライング回数0回
出遅れ0回能力指数57
1着20.6%(32回)2着23.2%(36回)
3着24.5%(38回)4着12.9%(20回)
5着9.7%(15回)6着7.7%(12回)
集計期間:2019/11/01-2020/04/30

2020年4月に福岡競艇場(ボートレース福岡)で行われたG3オールレディース戦LOVEFM福岡なでしこカップの4日目の12レースで元々F2もちだった日高逸子(ヒダカイツコ)選手がF0.1のフライング。

これで現在150日休みとなっているのだ。

なので次回出走の予定はわからないが来年の2月ごろ復帰すると思います。

けれどベテランになってもいつでも責める姿勢はすごいと思う。

2020年7月27日~8月1日の芦屋オールレディースでF2の時でも優勝をしてますしね!

「張り切るとフライングをしちゃうので……。F3したら大変なので、今節のように落ち着いて頑張ります」

って言ってたんですけどねw

問題のレースです。

日高逸子(ヒダカイツコ)選手 優勝歴

・通算優勝回数 73回

・G1優勝 

女子王座決定戦競走(2005年・大村競艇場)

賞金女王決定戦競走(2014年・住之江競艇場)

・SG

・SG出場回数:41回(2019年5月21日現在・女子歴代1位)

・同一SG出場:20回(笹川賞・女子歴代1位)

・同一SG連続出場:17年連続(2003年~2019年・笹川賞・女子歴代1位)

・SG準優出:4回(女子歴代1位タイ)

競艇初心者でも舟券を当てる予想方法 競艇勝つために

今回も、女子競艇選手日高逸子(ヒダカイツコ)選手について書いていきましたが少しでも日高逸子(ヒダカイツコ)選手の凄さが伝わったら嬉しいです。

来季からの日高逸子(ヒダカイツコ)選手の躍動に期待したいと思います。

そしてここからは私がなぜここまで競艇にハマって伝えたいかと理由が書いてあるので最後まで見て欲しいのと、少しでも競艇で勝って本当の優良サイトを伝えたいので違う記事も読んで欲しいです。

俺達は日々競艇予想サイトの検証を行い、その中で信用できる競艇予想サイトだけを利用して稼いでいる。

自分で出場選手の分析や競艇場の特徴などを調べて舟券予想をするのもとても楽しいが、競艇で勝って稼ぐと考えたときに一人で分析して予想するにはとても時間がかかるし、とても難しい。
しかし、「予想のプロ」が教えてくれる競艇予想サイトを利用することで勝率を上げることができるぞ!
競艇に絶対はないが、やはりプロの教えてくれる情報の質はすごい!!

中には適当な情報を提供している「悪徳予想サイト」もあるから利用する際は気を付けてほしい。
このブログを読んでくれているみんなのために、俺達が日々競艇予想サイトの検証をしている中で、信用出来る情報を提供してくれて、極めて予想的中率が高く「優良予想サイト」に認定した競艇予想サイトを紹介する。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 画像クリックで『優良予想サイト』の一覧が見れるぞ。↑ ↑↑ ↑ ↑