「競艇初心者」舟券の種類やオッズの仕組み、返還とは?を解説

競艇基礎知識

さあ今日は競艇初心者の為の記事でも書いていこうと思う。
何を取り上げるのかと言うと「舟券の買い方」についてだ。
ただ単に舟券を購入すると言っても、買い方には7つもの種類があるんだぞ!それぞれ的中率オッズなど様々な違いがあるんだ。
それぞれの買い方のメリットやデメリット、平均配当など色々な角度から見てみてみよう!
そして自分にあった舟券の購入方法を見つけよう!

7つの舟券の書い方

まずは7つの書い方を簡単に表にまとめてみるぞ。

名称的中率平均配当
単勝(単勝式)1/6
複勝(複勝式1/3
2連単(2連勝単式)1/301861円
2連複(2連勝複式)1/15933円
3連単(3連勝単式)1/1207323円
3連複(3連勝複式)1/201247円
拡連複(拡大2連勝複式)3/15
2017年7月1日~2018年6月30日

ざっとこんな感じだ。競艇で一番人気のある舟券の種類は3連単で次に2連単なんだ。
とりあえずこの2つを覚えれば十分に楽しめるぞ!
では次はそれぞれさらに深く見ていこうか。

単勝

まずは単勝だ。これは6艇中の1着を当てれば良い。
競艇は競馬と違い性質上インである1コースが非常に有利である。その為オッズは1倍近くになることが多いから購入者があまり多くないんだ。

複勝

複勝(複勝式)は、6艇中の1着または2着を当てれば的中なんだ。
複勝もまたオッズが1倍近くになりやすく、当たっても舟券代と払い戻しがあまり変わらないことが多い。

拡連複

拡連複は「選んだ2艇が3着以内に入っていれば当たり」です。
こちらも当たりやすい為オッズは低めなことが多いぞ。

2連複

2連複は着順問わずに、1着と2着を当てれば的中となるぞ。
例えば「1-5」で購入した場合「1着が1号艇、2着が5号艇」「1着が5号艇、2着が1号艇」どちらが来ても的中になるぞ。

2連単

2連単は1着と2着を当てることができれば的中だぞ。
3連単についで人気のある買い方なんだぞ。いきなり3連単はハードルが高いって言う人にはこの買い方をおすすめするぞ!

3連複

3連複は6艇中の1着、2着、3着に入る艇を当てれば的中となるんだ。
「1着、2着、3着に入る艇を当てれば、順番は問わないと言うことだ」

3連単

3連単は1着、2着、3着を当てれば的中となる買い方だ。
的中率は1/120 と1番低いがその分当たった見返りも大きいぞ。
万舟券と呼ばれるオッズが100倍以上つく舟券が出ることも結構あるぞ。

オッズの仕組み

次は競艇オッズはどうやって決まるのかを説明しよう。
上うのような画像を見たことがあるだろう?これは3連単のオッズ表だ!
オッズとは簡単に言うと「100円で舟券を購入し、当たった時に返ってくるお金の倍率のことだ。」

オッズの決まり方

オッズは「売上から25%差し引いた金額を購入者数で割り振り」して決定されるんだ。
その為オッズは締め切り時刻まで変動し続けるぞ。人気が集まっている選手や組み合わせは売り上げが上がるから必然的にオッズは下がるぞ。

例1:3連単の売り上げ2000万円の場合の配当金

配当金 =2000万円 ー(2000万円 × 25%) =1500万円

「各舟券の売上」を「配当金」で割った数字が「オッズ」となるぞ。
オッズ =「売り上げ」÷「舟券の売り上げ」

例2:3連単の売り上げ2000万円の場合のオッズ

舟券舟券の売り上げオッズ計算方法
1−3−4300万円5.0倍1500万円 ÷ 300万円
2−1−5100万円15.0倍1500万円 ÷ 100万円
4−6−510万円150.0倍1500万円 ÷ 10万円

舟券の返還

舟券を購入してレースが始まっても、もしその舟券が不的中だとしても払い戻しになるケースがあるぞ。
それはどういったケースかというと「フライング」や「出遅れ」が発生した際だ。
自分の購入した舟券に「フライング」や「出遅れ」をした選手が絡んでいた場合返還になるんだ。

例えば1号艇の選手がフライングしたとしよう。そうすると1号艇の選手の絡んでいる舟券は全て返還の対象となるぞ。「出遅れ」の場合も同じだ。しかし、出遅れはフライングと比べると起きる頻度が少ない為知らない人がいると返還を受けれないぞ。注意しておこう!
またフライング出遅れの場合のスタート事故においてはオッズの再計算が行われる為人気選手がフライングをした場合その人気選手の絡んだ舟券は返還になる為、仮に舟券が的中したとしてもオッズがかなり下がるんだ。

またもう1つ払い戻しとなるケースがある。
それは複数艇などが失格した場合による舟券の不成立だ。見やすいように表にまとめるぞ。

1艇失格全券種成立
2艇失格全券種成立
3艇失格3連複が不成立
4艇失格単勝、2連単以外(3連複、3連単、2連複、拡連複、複勝)が不成立
5艇失格レースは成立、全式別(全舟券)不成立
6艇失格レース不成立、舟券不成立

フライングや出遅れ等のスタート事故以外の返還はそこまで頻繁に起きる事ではないが、起きた際は舟券購入代が返還されるので舟券を大事に保管し、しっかりっと払い戻しをしような。

過去の高配当ランキング

次は過去の高配当ランキングを見てみようか。
おそらく皆が思っている以上の高配当が過去には出ているぞ!!

順位日時場所結果払い戻し
12011/05/22徳山4−5−2682760円
22016/03/21三国6−3−5650610円
32019/01/16徳山6−4−3595550円
42016/05/24芦屋6−4579900円
52020/03/14丸亀6−5−4554930円
62003/12/10若松2−6−5537990円
72013/10/05蒲郡6−2−5514810円
82014/07/12大村6−3−4511500円
92008/04/25福岡5−2−3506500円
102015/10/03唐津6−5−3498640円

ざっとこんな感じだ。100円で舟券を購入した際の払い戻しだからな。100円が60万円になるなんて夢見たいな話が過去には起こっているんだぞ。
歴代第一位の徳山での結果を見てみようか。

これが結果だ。フライングが2艇いてこれだけの高配当が出ている。
あと気になるのが第4位の芦屋での579900円という結果だ。
この舟券3連単ではなく、なんと2連単での配当だ。(3連単は226310円)
このような普通では考えにくい大波乱の展開が起きることがあるのが競艇の醍醐味でもあり楽しみなのではないだろうか。

ちなみに俺が過去に取った事がある過去最高の配当は競艇を初めて1ヶ月くらいの時に4艇ボックス買い(24通り)で的中した19万舟だ。しかも200円持っていたから一瞬で38万円もの大金を手にしたぞ。(これを境に深い泥沼にはまっていくわけなんだがな)

自分なりの予想をする

現実的に考えて上のランキングのような超高配当を狙いに行くのは難しい。いやむしろほぼ不可能だ。
やはりまずは自分なりに予想をして舟券を購入してみよう。
例えば3連単で舟券を購入し、自分の予想通りにレースが動いた場合かなりの快感を得られる。
またレースの道中でも選手同士の押し合い掛け合いでレース展開は大きく変わる。そういった際の一喜一憂もまた競艇の面白いところではないかな。

そして自分なりに予想をしながらさらにそこに各競艇場の特徴モーター選手の腕天候など色々な条件を掛け合わせてさらに自分なりの予想をしてみてはどうかな??

ここまで偉そうに予想してみようとか言っているが本当のことを言うと普段俺は競艇予想サイトに頼りっきりだww
俺みたくあまり深くレース情報、選手情報などを見て予想を立てる時間がない人や、予想の参考にしてみようとか考えている人は一度予想サイトを使ってみるのはどうかな?

普段俺が使っている優良予想サイトをまとめた記事に目を通してみて、もし気になる予想サイトがあったら使ってみてはどうかな。どのサイトも無料予想を提供しているが、無料予想でもそこそこ信頼できる結果を残しているからな。むしろ無料なんだからこそ、騙されたと思って乗ってみるのもあり。

それぞれ予想サイトごとに検証を含めた記事も書いているから、もしもっとこの予想サイトの詳細を知りたいとか思ったらカテゴリー検索でその予想サイトを選んでぜひ読んでみてくれ。